ハッピーメールと華の会には、セフレになれる女性がいる!
後輩の野竹は言い切ります。
野竹「ただし!いくらエッチしたい女の子でも、容易いとは言えません」
若干、神妙な表情になり、言葉を続けました。
野竹「渋井さんの奥さんだってそうだったんじゃないですか?すぐにハメハメは無理だったでしょ。信頼関係が生まれてこそ、関係を持つのが女ってやつですから」
独身の君に言われたくないな、そんなことを思いながらも、彼の話に集中しました。
野竹「ここなんですよ!メールで盛り上がってセックスは、都市伝説です。嘘です。相手と時間をかけて仲良くする必要がある。この仲良くする時間を最短にしてくれるのが、エロチャットです」
私「エ、ロ…チャ…?それは何だ?」
野竹「テレフォンセックスですよ」
通話は、なによりも楽観できる、女性の性処理方法なのだそうです。
会って危険な思いをする必要がないエロチャット希望の女性たち、出会い系サイトの中には男の想像の上だと彼は言います。
野竹「LINEでオナ指示が欲しい子と通話をするんです。よりエロチズムを感じる方法で、交流を続けて行くことで、普通にメールで仲良くなるよりもずっと楽に相手の心をキャッチできます」
この通話の関係を続けられれば、ホテルに連れ込める公算が生まれるのだそうです。
野竹「これは、確実にお勧めの攻略方法です。継続すればビデオ通話で、破廉恥な自慰ショットも堪能できたりもして、それはそれでとても楽しいものです」
さすがに真面目な男。
言葉に重みすら感じてしまったのでした。
オナ指示が欲しい女性を、醇風美俗な出会い系サイトで見つけ出せば良いことが分りました。

 

 風俗業者や詐欺師なら、LINE交換をすることもない。
通話をするようになれば、確実に本物の女性らしいことも分りました。
ハッピーメールと華の会に登録を済ませ、利用を開始。
野竹の話していた通りでした。
通話を希望する女性たちがいる!
会話で性本能を刺激されたい女性たち。
声をかけまくって行くことが必要と言われていたため、その通りの行動に出ていきました。
すると、ハッピーメールで手応えが!
25歳の美容師と、メール交換になっていきました。