インターネットの世界で、気軽にセフレ探しをすると不如意な出来事に遭遇してしまう。
これは私自身も経験しました。
社内のインターネットに精通している、30代後半の後輩に相談したところ、無闇にそして知識なく行動することは、とても危険なのだと言われました。
野竹(後輩)「渋井さん(私)、無料の掲示板を使うのって、自殺行為ですよ」
真顔で言ってくるのです。
野竹「渋井さんが、待ち合わせした相手は、ネットの世界では援デリって言われている風俗業者です。もちろん違法な業者です」
私「業者?そんなものがいるのか?」
野竹「残念ながら、かなりの数です。無料の掲示板で素人の女の子をセフレ募集するのは、ほぼ不可能だと思ってください」
業者と言われ、かなり納得した気分でもありました。
野竹「なかには、美人局なんてのもいます。だから気軽にそういう場所を使ってはいけません」
ぞっとしました。
古色蒼然とした詐欺の手口が、未だに生きているとは。
野竹「セフレが欲しいのでしたら、多少の料金が必要な醇風美俗な出会い系サイトが一番安全だし、一番確実なんです」
管理されている場所は、とても安全性が高い。
高い安全性があるからこそ、出会いが欲しい女性たちが集まってくると言います。
彼が利用している出会い系サイトは、インターネットの中でも類稀な程の安全性を誇るのだそうです。
野竹「僕はセフレを見つけるときは、ハッピーメールと華の会を利用しています。こちらは僕的にもかなりお勧めですよ」
日頃から真面目な彼が、さらに真顔で言うので、かなり納得できるものがありました。
利用料金も低価格。
異性の数が、無料のところとは比べ物にならないほどの多さ。
そして、その攻略方法を彼は語り出してくれました。
それはまさに、奇想天外な方法でした。