割り切り相手を探す場所4選

 インターネットが発展した現代で割り切りの相手を探す場所は本当に多くなっています。WEBやアプリなどを含めると、多種多様になってきています。もちろん、インターネット上だけでなくリアルに男女が出会う場所も形を変えながら存在しています。これから紹介させていただく場所にはメリットとデメリットがそれぞれ存在しています。それぞれの特徴やメリットとデメリットをよく理解していただいて、あなたにピッタリの出会いの場所を見つけて下さい。

交際クラブ

 まずは交際クラブについて説明させていただきます。交際クラブは別名デートクラブとも言われています。男女間のデートを取り持ってくれるシステムを提供してくれる場所です。男女ともに会員制となっており、交際クラブに登録してもらう為には、厳正な面接や身分証明証の提示などが行われており、誰でも利用出来る訳ではありません。厳格な審査を通過した人のみが利用できるので、女性にはモデル並みの容姿が求められる事になります。この様な女性とデートする為には男性もある程度限定されてしまいます。主に裕福層である男性が利用しています。女性は基本的に無料で登録が出来ますが、男性は高額な利用料が掛かってしまいます。デートを申し込む女性のランクによっても変わってきますが、@入会金3万円〜30万円、Aセッティング料金2万円〜10万円、B年会費 (2年目以降)2万円〜16万円程度となっています。気軽に利用できる感じはしませんが、厳格な審査を通過した女性と安全にデートが出来るという事を考えると、当たり前なのかもしれません。一度は利用してみたいものですね。

出会い喫茶

 次は出会い喫茶について説明させていただきます。出会い喫茶は出会いを探している男女が利用する場所となっています。最初は男女別々の部屋に通されて待機する事になります。お互いの部屋はマジックミラーで仕切られていて、女性は男性の部屋を見ることは出来ません。男性から指名されるのを待つ事になります。女性は指名を受けたら、2人きりになれる個室へ移動して、色々な話をする事が出来ます。ここからは2人の自由です。気が合えば、出会い喫茶を出て食事をしたり、遊びに行ったりするのも自由です。出会い喫茶を利用している女性は割り切り相手を探している場合が多くなっているので、個室で割り切りを持ちかけてくる事も少なくありません。割り切りの条件が合えば、そのままホテルに行ってセックスをするのも自由です。男性は容姿も確認出来て、話をする事も出来るので割り切りの相手を探すのには良い場所だと思います。

ツイッター

 次はツイッターについて説明させていただきます。ツイッターはその存在を知らない人がいないほど有名なSNSではないでしょうか?手軽に誰でも利用出来る事や多くの利用者がいる事がメリットとなっています。ツイッター本来の利用目的で使用している分には非常に使い勝手の良いものであると思いますが、割り切りの相手を探す場所としては少し合わないような気がします。誰でも利用できるという点が問題になってきます。誰でも利用できるという事は18才未満も利用しているという事になります。割り切りで18歳未満と関わる事だけは絶対に避けなければならない事です。ツイッターは登録者が多く、自分のタイプに近い女性を探しやすいと考えられますが、18歳未満と関わる可能性も否定できません。さらにツイッターは1人でいくつものアカウントを持てる事が援デリの温床となってしまう原因となっています。出会い系サイトでは露骨な割り切りの出会いをしている利用者には利用停止などの措置が取られます。これはツイッターも同じですが、別のアカウントで取り直して、何度でも登録をする事が出来ます。利用者が多い事はメリットになりますが、18才未満や援デリと関わる可能性が非常に高いツイッターで割り切りの相手を探すのはデメリットの方が多く、相応しくない場所であると考えられます。

出会い系サイト

 最後は出会い系サイトについて説明させていただきます。現在、出会い系サイトにはWEB版やアプリ版など様々なものが存在しています。その中には非常に悪質なものも存在しています。割り切りの相手を探すのであれば、数ある出会い系サイトの中から優良出会い系サイトと呼ばれるものを探さなければなりません。優良出会い系サイトの特徴としては、登録する際に年齢確認や本人確認がある事が絶対条件となっています。これが無い出会い系サイトは悪質サイトと考えていただいて間違いありませんし、18歳未満と関わる可能性があります。また、優良出会い系サイトを探すにはインターネットで優良出会い系サイトというキーワードで検索するという方法もあります。検索するといくつか同じ出会い系サイトがヒットしてくると思います。後は利用方法だけです。いくら優良出会い系サイトに登録をしても利用方法を間違ってしまっては意味がありません。18歳未満をかわす事が出来ても、援デリの存在が残っています。援デリをかわすにはピュアカテゴリーを使用する、これだけです。アダルトカテゴリーに比べて、実際に出会うまでには多少時間が掛かりますが、これだけで援デリと関わる可能性は格段に低くなってきます。割り切りの相手を探すのに、実際に会うまでに相手の容姿を確認する事が出来ないというデメリットはありますが、利用方法さえ間違えなければ、出会い系サイトは安全に割り切りの相手を探すのには一番おススメの場所となります。

登録無料の優良サイトBEST5

悪質業者を排除している優良サイト