割り切りと売春はどう違う?

 「割り切り」と「売春」はお金のやり取りをして、見ず知らずの男女が肉体関係を持つ事である所までは同じになっており、良く同じ様なものとして捉えられがちですが、全くの別物です。では、割り切りと売春の違いはどこにあるのでしょうか?それぞれの言葉の定義から、少し突っ込んだ部分まで説明させていただきます。

割り切りの定義

 割り切りという言葉がインターネット上で使われる場合はお金のやり取りをする事で男女間が肉体関係を持つという事になります。割り切りは女性が自分の意思によって相手を自由に選べる権利があると定義されています。仮にあまりタイプでない男性からの誘いなどは断る事が出来ます。この事から割り切りの相手は不特定多数ではないという事になります。この事を聞くと出会い系サイト内で募集をする場合の相手は不特定多数じゃないの?と思う方もいるかもしれません。割り切りの場合は主に出会い系サイトを使って行われます。掲示板に書き込みを行い、その書き込みを見るのは不特定多数ですが、募集を閲覧した全員と肉体関係を持つわけではありません。つまり、割り切りというのは女性側が肉体関係を持つ相手を自分の意思によって選ぶことが出来るという事になります。

売春の定義

 売春は売春防止法第2条にて、次のように定義されています。
(定義)
 第二条 この法律で「売春」とは、対償を受け、または受ける約束で、不特定の相手方と性交する事をいう。引用元:売春防止法第2条
対償を受けて、または受ける約束で性交するという点では割り切りと同じ行為であると考えられますが、その対償を受けて性交する相手が違っています。割り切りの場合は先程も説明させていただいた様に女性は出会い系サイト内で不特定多数の男性に割り切り募集を行います。その後、複数の男性から割り切り希望の連絡が届く事になりますが、その男性の中から自分の好みに近い人や割り切りの金額に応じて相手を自由に選ぶことが出来ます。売春の場合であれば、いくらタイプでない男性であっても、それを拒むことは出来ません。この事が不特定の相手と性交するという点に触れてしまうので、売春防止法に抵触してしまい、売春行為とみなされてしまう事になってしまいます。

罪に問われる場合があるのか?

 割り切りと売春の違法性について、男性は非常に気になる所だと思います。結論から言いますとどちらにも罪に問われる場合があります。まず、割り切りの場合ですが、割り切りそのものに違法性は無く、罪に問われる事はありません。しかし、割り切りで肉体関係を持った相手が18歳未満の場合は理由の如何に問わず、罪に問われてしまう事になってしまいます。18才未満とは知らなかった、男女間で肉体関係を持つ事に合意していた場合でも言い逃れは出来ません。この様な理由から、割り切りをする場合は18歳未満が登録できない優良出会い系サイトを利用する事がおススメとなります。反対に売春は「売春を斡旋する業者」「性交を行う女性」から成り立っており、組織的に行っている行為であることがほとんどです。この為、女性は売春を斡旋する業者から連絡が来たら、性交を拒否する事が出来ません。これが不特定多数の男性と性交するという事にあたり、違法性を持つ事になります。しかし、罪に問われるのは、売春の斡旋業者や売春場所を提供する行為に対してで、売春者に対する罰則は設けられていないのが現状となっています。

援デリはどちらにあてはまるのか?

 では、出会い系サイトでも見かける援デリについてはどうなるのでしょうか?インターネットで出会い系サイトでの出会いを調べていくと、援デリという存在は厄介だ、援デリとは関わらない方が良いという事は色々な記事で紹介されています。個人的にも援デリとは絶対に関わらない方が良いと断言します。援デリはネットの拾い画を使って男性を誘ったり、事務的なセックスを強いられたりするなどのデメリットが多くなっています。これだけでも援デリと関わらない方が良いと感じる方もいると思いますが、さらに援デリは「管理売春」という範疇に含まれています。援デリを管理している業者が存在しており、管理されている援デリ女性は相手を自由に選ぶことが出来ません。この事から売春防止法に抵触する事になります。例えば、素人の女性との割り切りと思っていて、待ち合わせ場所で待っていると、男が運転するワンボックスカーから相手の女性が降りてきた場合、その女性はほぼ援デリ女性と考えてもらって良いと思います。そうならない為にも実際に女性と会う前に援デリを見分ける方法を憶えておきましょう。見分ける方法をいくつか紹介させていただきます。@事前に写メ交換をする、Aセックスをする前に食事や遊びに誘う、Bビデオ通話をお願いする、C待ち合わせ場所を変更するなどが有効的です。@に関しては、援デリは多くの男性の目を惹くためにネット上から可愛い女性の写メを使用しているので、写メ交換には応じてくれません。Aに関しては、食事や遊びに時間を割くよりも一人でも多くの男性とセックスをしてお金を稼ぐ事を考えているので、援デリが食事や遊びに応じる事はありません。Bに関しては、自分の写メを利用していないので、ビデオ通話をすると素性がバレてしまい、断られる可能性が高くなるので応じてくれません。Cに関しては、援デリが指定してくる待ち合わせ場所はホテル街に近い場所がほとんどです。これはホテルまでの移動時間ですら、時間の無駄だと考えている為です。これらの事を実践していただくだけでも、援デリとの関わりを少なくする事は出来ますので、ぜひ試していただければと思います。

登録無料の優良サイトBEST5

悪質業者を排除している優良サイト